センチメンタル・シティ・ロマンス | 株式会社シャインアーツ - ShineArts-
home Contact CompanyProfile

Talent


センチメンタル・シティ・ロマンス

Profile

Sentimental City Romance
センチメンタル・シティ・ロマンス(Artist)
細井豊 YUTAKA HOSOI
1954年4月2日生
O型 愛知県出身
ヴォーカル、ピアノ、キーボード、ハモニカ、アコーディオン
中野督夫 TOKUO NAKANO
1954年2月2日生
O型 名古屋出身
ヴォーカル、ギター
告井延隆 NOMUTAKA TSUGEI
1950年12月19日生
O型 名古屋出身
ヴォーカル、ギター、ペダルスチールギター、マンドリン、 パーカッション
野口明彦 AKIHIKO NOGUCHI
1953年3月6日生
「シュガーベイブ」を始め、数々のバンドで力強くシャープなリズムを刻んできた名ドラマー
瀬川信二  SHINJI SEGAWA 
1975年6月13日生
ベース。札幌出身。フレディーマーキュリーの死から2年後なぜかベースを始める。
2001年上京。
コヤブボードという新しい楽器の奏者でもある。

Official Sitesentimentalcityromance.com


活動状況

▼Biography▼ライブ

Biography

1973年3月

中野督夫、細井豊、田中毅らによって結成されていた名古屋のロック・グループ「シアンクレール」に、東京で洪栄龍らと「乱魔堂」として活動していた告井延隆(名古屋出身)がリーダーとして参加し、センチメンタル・シティ・ロマンスが誕生する。

74年

九州、山陽、関西など西日本方面のコンサートに参加し、東京では池袋シアターグリーンでの「ホーボーズ・コンサート」へも出演し始めた。また6月には地元、名古屋で初めてのリサイタルを開催し、8月に郡山市で行われた「ワン・ステップ・フェスティバル」にも参加。脚光を浴びる。更に、自主コンサートとも言うべき「センチメンタル・パーティー」を定期的に開催(77年まで続く)するなど、 地味ではあるが確実な活動もしてゆく。

75年5月

大阪で開かれた「第3回春一番コンサート」でデヴューを飾る。名古屋~中京地区でウェスト・コースト系の音楽を目指し活動。9月には日本武道館で開かれた「Aロック・コンサート全国大会」に優勝してアマチュア・ロック・グループとして最高の栄誉を得ている。8月CBSソニーレコードより細野晴臣プロデュースのもとファースト・アルバム「センチメンタル・シティ・ロマンス」を発表。この直後、メンバーは名古屋市長よりロスアンジェルス市長へのメッセージを携えて渡米。帰国後、ドラムスが野口明彦(元シュガーベイブ)に変わっている。この年、全国主要都市コンサート・ツアーを行う。

76年8月

セカンド・アルバム「ホリディ」を発表、この年、ベーシストとして久田潔が参加する。その後VAN、グンゼ、講談社などのCMも手がオーバーグランド指向を見せ始める。

77年春

CBSソニーを離れ、キティ・レコードへ移籍、12月にサード・アルバム「シティ・マジック」を発表。

78年夏

名古屋森林公園での「フリー・コンサート」で、センチメンタル・シティ・ロマンス6年間のレコーディング及びステージ総決算とも言える「センチメンタル・ライヴ」を収録。

79年春

キティ・レコードよりコロムビア・レコードに移籍、角川映画「金田一耕助の冒険」サウンド・トラックを担当し、7月に発表、同時に前年録音したライヴ・アルバムも発表する。8月、5枚目のオリジナル・アルバムをバンド結成以来の夢でもある、地元名古屋のスタジオに於いてレコーディング。9月に完成。11月25日、初の名古屋レコーディング・アルバム「歌さえあれば(We Like Music)」を発表。

80年1月~
  82年

この間東京・名古屋・広島・福岡などでライブ活動及び加藤登紀子・岡林信康・竹内まりやなどのライヴ及びレコーディングで活躍。

82年4月28日

名古屋市民会館で10周年記念コンサート。5月25日アルバム「SMILING」を発表。また、結成10周年記念コンサート・ツアーとして、名古屋・大阪・仙台・金沢でコンサートを開く。9月、元ドゥービー・ブラザーズのジェフ・バクスターの参加を得て、アルバムをレコーディング。11月25日、アルバム「DANCING」シングル「TURNING POINT」を発表。

83年6月

アルバム「はっぴいえんど」を発表。7月より名古屋・大阪・東京でコンサート・ツアー。

84年

2月1日シングル「ゴーイング・バック」を発表。6月5日アルバム「リラックス」を発表。   12月、ベスト盤「なごやかに なごやかに」を発表。

85年

名古屋市芸術奨励賞を受賞。中島みゆきのアルバム、レコーディング。

86年7月

アルバム「サマー・デイズ(夏の日の思い出)」を発表。NHK銀河テレビ小説「清水港ストーリー」主題歌「デイ バイ デイ」を提供。

87年

EPOレコーディング。遠藤京子レコーディング。日米市長会議マルチスライド音楽担当。

88年

楠瀬誠志郎、鈴木雄大、薬師丸ひろ子らのステージサポート。

89年

世界デザイン博覧会(名古屋)テーマ館 音楽担当。

91年

加藤登紀子「ファシネーション」レコーディング。フジテレビ ドラマ「101回目のプロポーズ」音楽担当(細井ハーモニカ)。

92年

わかしゃち国体(愛知)キャンペーンソング。 名古屋市芸術創造センターにて細井ソロコンサート「Music Wander Land」を行う。

93年

センチメンタル・シティ・ロマンス20周年メモリアル・ライヴCD、レーザーディスク、ビデオを発表。

97年

中野督夫1stソロアルバム「くつろぎ」発表

98年

25周年記念LIVE を名古屋(5月)、東京(7月)で行う。

03年

中野督夫2ndソロアルバム「夕方フレンド」発表

04年1月

30周年記念アルバム 「30 years young」を発表

06年

元かぐや姫のメンバーである伊勢正三と「伊勢正三Withセンチメンタルシティロマンス LIVE2006」を実施

20周年メモリアルライブ後、近藤(Ds)が脱退、その後、久田(B)も脱退。現在は、告井、中野、細井を中心に元メンバーの野口明彦(Ds)、瀬川信二(B)が加わって再スタート。

2008年

現役35周年を迎え、渋谷のクアトロで、センチメンタル・シティ・ロマンスの35周年を記念してのライヴを実施。ゲストとして、加藤登紀子、伊勢正三、小坂忠、そしてシークレットゲストとして、竹内まりや、山下達郎を迎え盛大に行われた。

2009年2月

35周年記念ライブの模様をスカパーで放送される。

2010年3月

Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREのこけら落としてゲストに小坂忠、伊勢正三を迎え2Daysライヴを行う。

4月~6月

原宿クロコダイルでマンスリーライブを実施。

5月

祝春一番に出演。

7月

名古屋「TOKUZO」に始まり、兵庫県西脇市「アピカホール」、大阪「Umeda Akaso」とツアーを行う。
小坂忠With鈴木茂、中野督夫で「FUJI ROCK FESTIVAL '10」に出演。

8月

TOKYO ACOUSTIC NITE presents
「詩のチカラ」~Summer 2010~ 河村春花と3センチ【細井・告井・中野】出演。


11月

TOKYO ACOUSTIC NITE presents
フジテレビ系連続ドラマ 『花嫁のれん』 エンディングテーマ曲に決定。

12月

ワーナー ミュージック ジャパンから新曲「センチメンタルシティ」主要音楽配信サイトで配信スタート。


伊勢正三LIVE2010~SELF COVER SELECTION~With センチメンタル・シティ・ロマンスのアルバム発売Liveを品川ステラボールと大阪森之宮ホールでの実施。


10年ぶりに行われました、souvenir again竹内まりや LIVE 2010!!
ケンタッキーフライドチキンPresents TOKYO FM 開局40周年記念スペシャル・イベント
日本武道館&大阪城ホールにOpening Actとして出演。

2011年
1月~3月

SENTIMENTAL PARTY IN Mt.RAINIER HALL 2011 Vol.2と称しまして、 ゲストに、安部恭弘さん、EPOさん、村田和人さんを迎えMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでマンスリーLiveを行う。

7月

New Album「やっとかめ」の発売を記念しまして、いち早く、ビルボート大阪、名古屋ブルノートでライブを実施。ゲストに伊勢正三、山本潤子、EPOら豪華ゲストを迎えライブを行う。

8月

Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、New Album「やっとかめ」の発売記念ライブを実施。アルバムに参加して頂いた、浜野謙太(SAKEROCK)、サプライズゲストとして、竹内まりやを迎え盛大に行われた。

8月10日

25年ぶりのオリジナルアルバム「やっとかめ」が発売。
結成38年目で初のインストアライブをタワーレコード新宿店で行う。

9月

モーションブルーヨコハマにて、New Album「やっとかめ」の発売記念ライブを実施。
ゲストにアルバムに参加して頂いた、小坂忠を迎え行う。

ページTOPへ